2018-01-29

1月29日月曜日

こんばんは
今年の予定の追加です。
7月28日2時~
大倉山記念館

超訳 タイタス・アンドロニカス
これは、過去、
北千住労音東部センタースタッフの協力による初演と
新宿タイニイアリスで青山学院大学の学生スタッフのご協力により
公演を実現できたのですが
ほぼ私の理解力のハンパさで
二度とも、こうじゃないなあ、どうしたらいいのだろう、いつかわかるかなあと思った
難しいお話なんで
今年こそ、ちゃんとLSD解釈でシェイクスピアに忠実にやろう!と思います

新作ですが、
シェイクスピア37作品は坪内逍遥訳&小田島雄志訳の37翻訳作品を
参考にさせていただいてました。
その後新たに、フレッチャーとの共作など、3作品が、
世界的にシェイクスピア作品となったらしいので、
やんないと。とおもうのです。
日本で読める新たなシェイクスピア作品は3つらしいです。
日本のタイトル「二人の貴公子」というお話は
チョーサーの「カンタベリー物語」の最初のエピソード
「騎士の物語」を
読んでおかないと、わかりづらいです。
たぶん、シェイクスピアは、この物語を、すてきだと思っていたので、
格調を崩していません。
私はシェイクスピアに忠実にお送りしますものですから
これにつきましては格調をカットしちゃいけないもんだ
と思いました。

そこで、大倉山記念館でやれそうなんですけど、
いつもとちょっと違うから
会場を、皆様に近いとこでお話ができる、会議室で、
実験的にやってみましょうという
そんなのを芸人三昧さんと計画しているところです。
2018-01-23

1月23日火曜日

チャリさまいつもありがとうございます。
ゴッドマザー皇、
自分もやったの忘れていました。
ジァンジァンで一度やっただけです。
完全コント脳じゃなくなって、ひさしぶりにコント考えたので、
そうとう休んでしまい死んでる脳があります。コントの会は、躊躇しますね。

今年の、ご案内は、まだチラシができていないのありますが
2月25日大倉山記念館 LSD ウィンザーの陽気な女房たち
3月20日~24日北海道札幌~旭川薔薇戦争最終章リチャード三世(札幌はロミオ&ジュリエットあります)
4月21日浅草リトルシアターたぶん夏の夜の夢
5月4日大倉山記念館 ロミオ&ジュリエット
5月27日大倉山記念館わたしの会ではないですが、絵本の会で、朗読などやります
そのあと、6月、シェイクスピア新作
やるべきだと思い、いつやれるかと思っていましたが
もうやろうと思っています。
また、決めたときに、近日、ご連絡します。よろしくお願いします
2018-01-20

2018年1月20日土曜日

みなさま、本年もよろしくお願いいたします
 1月7日の大倉山記念館の会では、ご来場、ありがとうございました。

昨年暮れから新年7日のコントの会まで
2週間、軽井沢を考えたりセリフ覚えてたわけですが、
7日が終わったとたんに、とんでもない風邪をひいて、
2週間、寝たり起きたりぼうっとしたりで、使い物になりませんでした。

これだけで一か月ぶんの時間を使ってしまって、
一か月の半分を無駄にしているではないですか
一年の12ぶんの1を
消費しちゃっています
その間になにをやっているかというとスーパーにいって時間を使いすぎて、お料理に時間を使いすぎたりしすぎです
あと、12ぶんの11か月しか残らなくなってしまいました。

だからもうやめよう
時間を有効に使おう
シェイクスピアだけやろうと毎日思うのです

大倉山の会は、おもしろかったですね!
また、見に来てくださいね!
2017-12-14

12月14日木曜日 休憩中

「トロイラストクレシダ」に、あまりに夢中になっていたので、
 反動が来て、なんにもできない人になっています。
それでもお正月は落語をやろうと、本をどうにかしようとしてはいるのですが、
 これは、基本的には、私が落語をやろうというのが傲慢きわまりないわけです。
落語は、落語家さんがやった方が、断然、いいものです。
 ですから、LSDのやる落語なんですからどうしたものかしらと
日々、考えながら、なんにもできないわけですが、これは、なんにもできないのではなく、
 なんにもやりたくない症候群なんですね。
なんにもやりたくない時に、どうやってなんかやるのか出口を探しているのですが
 でも、小学校の時って、いっつもそうだったもんです。
じゃあ、人として正しいじゃあないか


2017-12-04

12月4日月曜日 トロイラスとクレシダ㉒

 チャリさま、コメントありがとうございます!
自分で堂々と言いますけど、面白かったですね~!

 新しくお越しのお客様に、ご説明いたしますが、コレ系の、マイナー作品が、
沙翁ギャグがずば抜けておりまして、一般的ではないものの、
 わかりにくいけどわかると超絶に脳に響くので、
自分好みなワケです。
 ご質問など、ありましたら、こちらのコメント欄でも、いつでもお答えします。
自分でもわからないご質問がきた場合は、図書館で調べてお答えします。

トロイ戦争おまけの解説
 ユリシーズ閣下は、もともとこの戦争に参加したくありませんでした。
参加すると、うちに帰れない、という予言があったからです。
 この方は、うちに帰るのが、大好きな人なんです。
そこで、参加を避けようと、映画「ひまわり」のように
 正気を失った人のふりをしたのですが、ばれてしまい、しょうがないから参加したらしいです。
トロイ戦争が終わってからも、世界放浪するハメになってしまい、
 「帰りたい帰れない閣下」の後日談が「オデュッセイア」です。

 アキリーズは、ママが戦争に行かすまいと女装させてたところ、ユリシーズが勧誘に行ったのですが、
以前のご説明のとおり、策略がばれてしまい、参加する羽目になったわけで
 義勇軍自体、メインがいやいや参加してる戦争でした。

 この話、ラストが、「え、ここで終わるの?」みたいなハンパな終わり方なのは
ハンパギャグをつらぬいた最高のオチです。

浅草リトルシアター次回は
2018年4月21日土曜日
です。
 新作がやれたらいいなあ~と思います。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR