2017-10-08

10月8日日曜日 ヘンリー六世について③

シェイクスピアのコツ、大きく3つ
❶歴史劇は、歴史通りではありません。歴史家が見るとあったまにきちゃうくらいらしいです。
 自分の劇に都合がいいように、史実、人物の年齢、どんどん変えていますので、
 歴史的にはありえないことがたくさんあります。リチャードのセリフにあるように、「世界を捻じ曲げて」います。

リチャード「天はこのように俺を捻じ曲げて作ったワケですよ。次は世界を捻じ曲げてやるよ」(ヘンリー六世part3)

❷名前について
 外国の名前を聞くだけで、誰が誰なのか混乱しますね。ヨーク公、サマセット公、ウォリック伯、
 これらは、この人が支配しておさめている領地の名前です。全員が、何千人を抱えているその土地の代表です。
 清水の次郎長、みたいなもんでしょうか。実名は、リチャードとかヘンリーです。

❸詩人について
 シェイクスピアは詩人なので、劇のセリフがかなり詩で作られています。
 突然、日常から逸脱したセリフが出てくるのは、全編が、言葉の交響曲になっているからです。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR